憩いのバスツアー
憩いのバスツアー > 高速バスツアー > 【快適な夜行バスの旅】3列シートはリクライニングの幅が広い!

【快適な夜行バスの旅】3列シートはリクライニングの幅が広い!

上質な乗り心地で長時間乗車が快適に!

「3列(2+1)シート」というタイプのバスは、スタンダードであれば横4列になっているシートを、一方だけ1列を撤去しています。

つまり、縦2列のうち1列は2シートがくっついていて、残りの1列は、単独の1列シートになっています。

単独の1列シートは、当然のことながら隣の席がないので、快適度がグンと上がりますし、ほとんどの場合が窓際の席になりますが、

座席の指定ができない高速バス会社以外では、この単独シートに座れるかどうかは、運次第になります。

ただし、2列になっているシートのほうも、1列撤去したことによってシートの幅が大幅に広くなっています。

スタンダードのシートと比べると、3センチ以上も広くなっていますし、バスによっては10センチ以上も広くなっているタイプもあります。

もちろん、シートピッチも広くなっていて、スタンダードよりも4倍ぐらいの間隔になっています。

これだけ自分の空間が広がると、からだの疲れはほとんど感じませんし、夜行バスで乗車直後に就寝して、翌朝起床しても、

からだに疲れを感じることはほとんどありません。

リクライニングの幅が広い!

このタイプのシートで、一番注目してもらいたいのは、リクライニングの角度です。

4列スタンダードのリクライニングの角度は、120度前後ですが、これが3列(2+1)シートになると、130~145度と、

傾けられる角度が大きくなります。

これによって、起きている時はもちろんのこと、特に睡眠時にかかる腰や背中への圧力が軽減され、深い睡眠がとれると評判です。

また、高速バスに乗っていると、意外に痛みが出てくるのは「おしり」です。

しかし、これぐらいの角度でリクライニングができれば、睡眠時の姿勢も微妙に変えられるので、朝起きたら、お尻が痛くて困った、

なんてことはあまりありません。

もちろん、シートピッチが広いため、リクライニングシートを倒す時に気になる、後ろの席の人の反応も、ほとんど気にせずに済みます。

次の日に疲れを残したくない人におススメ!

3列(2+1)シートは、4列スタンダードの乗車料金と比べて、若干、高い程度です。

しかし、快適度を比べると、3列(2+1)シートのほうがかなり上で、特に、夜行バスで移動する時は、その差が顕著に出ます。

4列スタンダードも、快適な睡眠ができるように設計されていますが、寝ている間は疲れが一番たまる足が動かせませんし、

リクライニングの角度が低いと、寝返りがうちにくいのと同じ状態になります。

それであれば、次の日も快活に1日を過ごすために、3列(2+1)シートを選ぶことをおススメします。

特に、就職活動中の学生の方や、出張で夜行バスを利用するサラリーマンの方は、シャキッとした気持ちとからだで活動できますよ!

関連記事

  1. 【夜行バスならコトバスエクスプレス】オススメはTDL直行便!
  2. 【夜行バスならJAMJAMライナー】TDL/TDSへの直行便が人気!
  3. 【夜行バスなら高速バスツアーズ】利用料金に応じてポイントが貯まる!
  4. 【快適な夜行バスの旅】トイレにいつでも行ける安心感、プライスレス
  5. 【夜行バスで行くUSJ!】値段が安い!移動が超ラク!いっぱい遊べる!
  6. 【夜行バスで行く京都・奈良】日帰り、宿泊、どちらも格安で楽しめる!
  7. 【夜行バスで行くTDL】費用、時間の問題を解決するのが夜行バス!
  8. 東京から大阪へ夜行バスでお出かけ!【おすすめ高速バス会社4選】
  9. 夜行バスで武道館にいくならどのバス会社がおすすめ?
  10. 東京発京都行き夜行バスの旅をとことん楽しむ!【SAやPAを楽しもう!】

トラックバックURL

http://www.yakobus-saiyasune.com/%e9%ab%98%e9%80%9f%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc/3%e5%88%97%ef%bc%8821%ef%bc%89%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)